Sparkling Natural Vital Water

すべてはきっとスパークリング

心のスキマ

最近、友人に勧められたアニメ『神のみぞ知るセカイ』にハマっている。

 

地獄から悪魔の幼虫のような「駆け魂」がたくさん人間の世界にやってきて、女の子たちの心のスキマに入ってしまう。駆け魂の居場所を無くして追い出すには、心のスキマを埋めてやる必要があるのだが、その具体的な方法は女の子を恋に落とすこと。ギャルゲーオタクでの2次元女子にしか興味のない男の子が駆け魂を追い出す使命を帯び、リアル女子を次々に恋に落としていく、という話。

 

ギャルゲーオタクがリアルな世界でモテまくるという設定なので、単にギャルゲーオタクたちの実現不可能な願望がこのアニメに投影されている、というように見えてしまうかもしれない。しかし実際に見てみると、すべての人々(オタクもリア充も含め)の実存的な問題に切り込んだアニメだと思った。

 

私見では、駆け魂の入り込む「心のスキマ」は主たる要因は「自己肯定感の欠如」にある(もちろんそれだけではないが)。自分で自分を認めることができず、自信を無くし、自らの存在が空虚で無意味だという思いが、心のスキマを作り出す。

このアニメでは恋愛の成就によって、心のスキマのできた女の子たちの自己肯定感を満たしている。恋愛は自他の相互承認であり、かつその後の人生における希望にもなり得るからだろう。

 

女の子たちの心のスキマの描写を見ていると、これは自分のことだ、と思うところがたくさんある。

多くの人が感じたことのある心のスキマを描くことで、どこか生きづらさを感じている人々にカタルシスをもたらす。これがこのアニメの真骨頂なんだろうと思っている。